スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【Ruby】RMagickをCentOSに入れて簡単なサンプルを動かすまでをやってみました

今回はCentOS5.5にRubyのImageMagickライブラリであるRMagickのインストールをしてみます

事前に入れておいた方が良さそうなパッケージのインストール


sudo yum install bzip2-devel lcms-devel libjpeg-devel libX11-devel libXt-devel libtiff-devel ghostscript-devel libXext-devel


ImageMagickのインストール


wget 'ftp://ftp.kddlabs.co.jp/graphics/ImageMagick/ImageMagick-6.7.0-9.tar.gz'
tar xvfz ImageMagick-6.7.0-9.tar.gz
./configure ; make ; make install


RMagickのインストール


gem install rmagick


ダイナミックリンクライブラリ関連の調整

• ld.so.conの編集
vim /etc/ld.so.conf

/usr/local/lib
を追記
• soファイルのロード
/sbin/ldconfig
• ImageMagick関連のsoがロードされているのか確認
/sbin/ldconfig -p | grep Magick
こんな感じでコマンドを実行すると

libMagickWand.so.4 (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libMagickWand.so.4
libMagickWand.so (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libMagickWand.so
libMagickCore.so.4 (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libMagickCore.so.4
libMagickCore.so (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libMagickCore.so

こんな感じで確認が出来ます。

サンプルコード


require 'rubygems'
require 'RMagick'

#ローカルにあるtest.jpgをロード
img = Magick::ImageList.new("test.jpg")

#flip処理をしてflip.jpgとして保存
img.flip.write("flip.jpg")

こんな感じで画像にflip処理をかけれます。

以上インストールから簡単なサンプルを動かすまでをやってみました。
スポンサーサイト
テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Tag:Ruby  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

6rats

Author:6rats
こんにちは、ITベンチャーで働くエンジニアです
主に自分の周りで起きた技術的なことをメモとして書き残して行きます。
Android以外にもRuby/Ruby on RailsやFuelPHPなどなどたまにやります。基本的なスタンスとしては興味があるもしくは必要になったらいろんなことにチャレンジします。
最近はiOSアプリ開発を始めています。

購読
follow us in feedly
個人プロダクト

Androidアプリ

Twitterクライアント

Webアプリケーション

EcPriceWatch(Amazon価格の推移を計測、最安値を知らせるサービス)
Google AdSense
ブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。