スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【Ruby】Rubyを始めてみて…

新しい言語をかじり始める時は少しわくわくしますよね

今まで

C/C++→PHPときて

PHP以外のスクリプト言語を覚えたいなと思い

Rubyをかじり始めているという感じです

他にもちょっとだけかじってみた言語(Perl、Python)はありましたがその中でもRubyは少し勉強してみたいと思える言語でした

実は結構前からRailsには興味があったのですが

Ruby使いの知り合いの人たちはみんな「RailsとRubyは別ものだ」と言っていたので

せっかくならすぐにRailsに飛びつかないでまずはRubyを使ってみるか

とか思ってたら結構時間が過ぎてしまっていた訳です

少しつかって驚いたことを下にまとめます

【クラスですらオブジェクト】
どうやらRubyではクラスというもの自体がClassクラスのオブジェクトらしい
(このことについては更なる考察が必要だと思ってます)


【リテラルですらオブジェクト】

"hogehoge".length

23.times

とかできる

【ブロックを引数みたく渡せる】

def hoge
    yield
end

hoge{
   puts 'hoge'
}

yieldというものでこのようなことができる

【値を返すメソッドの最後でreturnは必須ではない】

地味に衝撃てきでした

def hoge
   a = 20
   b = 30
   a + b
end

とするとhogeは50を返す

今まで使ってきた言語(C/C++、PHP)にはないのでおどろきでした。
Rubyではスコープの最後で評価された式の結果が返される仕様らしい

などなど他にもいくつか「おお」と思うことがありましたが

そろそろまとめると…

「Rubyではすべてがオブジェクトであり柔軟性に優れた純粋なオブジェクト指向言語」

という印象をもちました

まだまだ驚きの連続過ぎて使いどころが分かってないことばかりですが、これからじっくりと使いどころを探して理解を深めて行きたいです
スポンサーサイト
テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Tag:Ruby  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

6rats

Author:6rats
こんにちは、ITベンチャーで働くエンジニアです
主に自分の周りで起きた技術的なことをメモとして書き残して行きます。
Android以外にもRuby/Ruby on RailsやFuelPHPなどなどたまにやります。基本的なスタンスとしては興味があるもしくは必要になったらいろんなことにチャレンジします。
最近はiOSアプリ開発を始めています。

購読
follow us in feedly
個人プロダクト

Androidアプリ

Twitterクライアント

Webアプリケーション

EcPriceWatch(Amazon価格の推移を計測、最安値を知らせるサービス)
Google AdSense
ブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。