スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【Rails】GoogleAnalyticsを簡単に組み込む

はじめに


Webアプリケーションの運用をしているとGoogleAnalyticsを使ってどれくらいのユーザが利用してくれているか、どのようなページがよく見られているかなどを計測すると思います。今回はそんな便利なGoogleAnalyticsの導入をRailsアプリケーションに簡単に組み込むことができるのでその方法を紹介したいと思います。

トラッキングIDの取得


https://analytics.google.com/analytics/web/
事前に上記URLからアカウントの開設、ご自身のWebサイトのトラッキングIDの取得を取得しておいて下さい。

こちらのページが大変参考になります。
http://dev.classmethod.jp/business/business-analytics/ga_add_trackingid_users/

Gemfileに追記





そのあとbundle installを忘れずに

設定ファイルにトラッキングIDを追記


config/environments/production.rbに下記のような設定を追記します。



viewにhtml表示する処理を追加


今回利用するgemを使えばたった一行viewファイルに追記するだけでhtmlを自動で生成してくれます。
ポイントになるのは全てのviewテンプレートのコンテナ的役割を果たすapp/views/layouts/application.html.erbのheadタグ内に追記することです。



これだけで全てのページにAnalyticsのhtmlコードが自動で付与されることになります。

最後に


GoogleAnalyticsをWebアプリケーションに導入するのはGoogleが提示してくるhtmlをコピペするだけのごく簡単な作業ですが、その作業ですら全てのテンプレートに埋めるとなるとある程度の時間は取られますし、仕様が変わった時に全ての箇所で修正しなければいけなくなります。

今回のようにRailsのテンプレートの仕様(原則全てのテンプレートはapplication.html.erbからyieldされる)とgemを利用すればほんの数分で導入完了できますし、何か大きな仕様があったらgemをアップデートすればきっと対応できるでしょう。(ただしここはgemのメンテナンス頼みという人任せですが。。。)
便利なものは使い倒して効率的にWebサービスを運用していきたいですね。

bgarret/google-analytics-rails
スポンサーサイト
テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Tag:Rails  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

6rats

Author:6rats
こんにちは、ITベンチャーで働くエンジニアです
主に自分の周りで起きた技術的なことをメモとして書き残して行きます。
Android以外にもRuby/Ruby on RailsやFuelPHPなどなどたまにやります。基本的なスタンスとしては興味があるもしくは必要になったらいろんなことにチャレンジします。
最近はiOSアプリ開発を始めています。

購読
follow us in feedly
個人プロダクト

Androidアプリ

Twitterクライアント

Webアプリケーション

EcPriceWatch(Amazon価格の推移を計測、最安値を知らせるサービス)
Google AdSense
ブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。