スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【読書】山崎元さんの「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」を読んでみた

去年の10月に転職して以来、今までと同じ様に生きるのをやめようと思い今まで自分になかった知識や経験を得るために読書をする習慣をつけるようにしました。(と言うのはキレイ事で通勤時間が大幅に増えたのでその時間を有効活用しようと思ったのがきっかけだったりもします)

振り返ると今までこんなに読書をしている期間はなかったかもしれません。
学生時代からこの習慣を作るまで自分の興味のあることに随分偏って生きていたなと思います。

どんなジャンルの本から読んでいこうかなと考えた時に候補に上がったのが「文学」と「経済・金融・投資」と「歴史」がありました。今までこのあたりの分野にまったく興味を持てなかったためです。

こらからも生きていく上で直結するイメージを持てたのが「経済・金融・投資」だったのでそのジャンルで本を選ぶことにしました。
お恥ずかしながらそれまでお金に関心があるようで特に何をするわけでもなく「自分の好きな仕事で一生懸命働いて、それに対してお給料を頂き、そして買いたいものがあればそのお金を使う」くらいしかお金に関しての行動はありませんでした。

いわゆるお金に関する超ド素人です。

そんな僕が本屋でさまよって読み始めた本が山崎元さんの「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」でした。



本当に難しいことなんてよくわからなかったので入門書として手にとりました。

内容はざっくりと

1. お金を安全に持つ方法
2. ちょっとリスクをとって運用する方法(INDEX投信)
3. お金の使い方
4. 得する制度(NISAや確定拠出年金)について
5. 年金について

という感じでした。読んでみて率直な感想は「あ、本当にいろいろ知らなかったな」と思ったことです。

金融機関が販売しているその金融商品に隠されているお金の流れは?
国債とは?
保険という金融商品を買うこととは?
投資信託とは?一番マシな方法とは?
複利という発明とは?
家を買うとは?
医療保険や生命保険を買うこととは?
NISAを有効活用する方法とは?
年金の仕組みとは?確定拠出年金の仕組みと上手な活用法とは?

以上が読んだあとで僕がざっくり理解した内容になります。

本の進み方としては筆者と素人目線に立ってくれている大橋さんとの対話形式になっていて大事なエッセンスを非常にわかりやすく解説してくれている本になっています。読みやすくてのんびり読んでも2,3時間くらいで読み終わったと思います。
しかし内容は簡素なものではなく、お金の運用における具体的な方法とその背景もわかりやすく解説してくれている優しい本だと思います。

本の最後の方になると大切なのはしっかりと働くこと、仕事に集中できるようになるべく運用に意識を集中させなくてもいい運用方法を教えてくれてるんだと感じました。
実際に僕もいくつか実行したことがありますが、本業に集中できています。

たとえ実行しなくてもお金の教養を得るための入門書としては必要十分な本だと思います。





実はこっちの本も読んだのですが、内容は大枠かわらない印象でした。ちょっとだけさらに詳しく解説してくれているのと出版された時期が違うのか運用方法に若干の違いがある程度でした。
スポンサーサイト

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

6rats

Author:6rats
こんにちは、ITベンチャーで働くエンジニアです
主に自分の周りで起きた技術的なことをメモとして書き残して行きます。
Android以外にもRuby/Ruby on RailsやFuelPHPなどなどたまにやります。基本的なスタンスとしては興味があるもしくは必要になったらいろんなことにチャレンジします。
最近はiOSアプリ開発を始めています。

購読
follow us in feedly
個人プロダクト

Androidアプリ

Twitterクライアント

Webアプリケーション

EcPriceWatch(Amazon価格の推移を計測、最安値を知らせるサービス)
Google AdSense
ブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。