スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【Android】バックキーやメニューキーに独自の動きを実装する

バックキーを押した時に直前のActivityに戻るのではなく独自の挙動を実装したい場合があるとおもいます。

そんな時はActivityクラスのonKeyDownメソッドをオーバーライドしてキーコードを判定すればできます。

例えば


public class TestActivity extends Activity {
public boolean onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event){
if(keyCode == KeyEvent.KEYCODE_BACK ){
//ここで独自の処理を実装
}
}
}


onKeyDownメソッドの第一引数にキーコードが渡され、このキーコードがKeyEventのKEYCODE_BACKであればバックキーが押されたタイミングであると判定できます。

ちなみにメニューキーの場合はKeyEvent.KEYCODE_MENUで判定できます。

ハードウェアキーを押した時に独自の処理を実装する場合に使えます。ただあんまりバックキーの挙動を変更するのは推奨されてなさそうですね。
スポンサーサイト
テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Tag:Android  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

6rats

Author:6rats
こんにちは、ITベンチャーで働くエンジニアです
主に自分の周りで起きた技術的なことをメモとして書き残して行きます。
Android以外にもRuby/Ruby on RailsやFuelPHPなどなどたまにやります。基本的なスタンスとしては興味があるもしくは必要になったらいろんなことにチャレンジします。
最近はiOSアプリ開発を始めています。

購読
follow us in feedly
個人プロダクト

Androidアプリ

Twitterクライアント

Webアプリケーション

EcPriceWatch(Amazon価格の推移を計測、最安値を知らせるサービス)
Google AdSense
ブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。