スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【ランニング】走っていてひざ痛に困った時にすること

こんにちは、最近あたたかくなって来ましたね

春はもうすぐといった感じです

さて、僕は気晴らしにランニングなどをするのですが、ついつい走り過ぎたりして膝や腰が痛くなってしまうことってありますよね。

学生時代には肉離れなどの故障はしたものの関節痛は一切ありませんでした。

自分って結構頑丈なんじゃないかとたかをくくっていたんですが、少しだけ年をとったから(認めたくはありませんが)なのか膝の関節に痛みがくるようになりました。

なのでちょっと僕がやっている対策方法をまとめてみます。

1. CW-Xなどのスポーツ用タイツを履いてみる


ピッタリとしたタイツを履くことで膝などの関節を支えてくれます。
学生時代からお世話になってるCW-X。これを履くだけでも随分違うような気がします。
結構厚めの生地でしっかりホールドしてくれるので安定感を感じます。スキーをする時、走るときは重宝しています。



2. サポーターをつけてみる


CW-Xなどのタイツは若干お値段が張るのでためらってしまうかもしれませんが、サポーターであれば比較的安価で手に入れられるのでおすすめです。

普段はCW-Xを履いているのですが、痛いけどどうしても走らなければいけない時はこちらのサポーターを使用します。タイツを履くのは暑いなと感じる時なんかにも使用します。



3. 痛くなったら接骨院へ行く


ちょっと痛いなと思ったらすぐに接骨院へ行きましょう。痛いのを我慢して治るのが長引いてしまっては辛いですよね。僕も過去に肉離れをしたときは我慢しては無理をしてまた悪くしての繰り返しをしてました。結果1ヶ月で治ると言われていた怪我が3ヶ月かかりました。それからは痛いなと思ったらすぐ接骨院に行くようにしています。

4.最後に


いろいろひざ痛の対策を紹介しましたが、大事なのは少しでも違和感を感じたらしっかり休むことですね。無理をし過ぎてもあんまりいい事はありません。
あと意外と軽視されがちな準備運動と整理運動をしっかりすることですね。

故障などを予防して楽しく長く走れるようにしたいですね!
スポンサーサイト
テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

Tag:ランニング  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

6rats

Author:6rats
こんにちは、ITベンチャーで働くエンジニアです
主に自分の周りで起きた技術的なことをメモとして書き残して行きます。
Android以外にもRuby/Ruby on RailsやFuelPHPなどなどたまにやります。基本的なスタンスとしては興味があるもしくは必要になったらいろんなことにチャレンジします。
最近はiOSアプリ開発を始めています。

購読
follow us in feedly
個人プロダクト

Androidアプリ

Twitterクライアント

Webアプリケーション

EcPriceWatch(Amazon価格の推移を計測、最安値を知らせるサービス)
Google AdSense
ブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。