スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【git】git diffでファイル名だけを表示する

git diffで差分のあったファイル名だけを表示するには以下の通りのname-onlyオプションで簡単に確認できるようです

スポンサーサイト

Tag:git  Trackback:0 comment:0 

【Android】strings.xml内でプレースホルダが使える

はじめに


Androidアプリの開発をしていると文字列のリテラルなどはstrings.xmlに書くと思います。これは多言語アプリを開発してる場合は特にそうだと思います。
少しそれますが、日本だけで個人プロジェクトの様な場合はコードに直接書く場合もあるかもしれませんね。

そんなstrings.xmlですが、とある多言語化対応しているアプリを開発していてふと困ったことが起きました。

例えば画面上に

これには2つの問題があります
This has 2 problems

という表示をしたいと考えた場合を例に考えてみます。

最初、プレースホルダが使えることを知らなかった僕は

ja/strings.xml


strings.xml


それでJavaのロジックの部分で

なんてことをしてしまってました!

そう、多言語どうのと言うよりstringsの文字列中に変数使いたい場合こんなに面倒なことしなきゃいけないのか。
という少し別の問題に気がついたのです。多言語化のアプリの場合この面倒が対応する言語の数だけ倍増するということですね。それはそれで問題です。

解決方法


いろいろ調べると以下のようにできそうです。

ja/strings.xml


strings.xml




これはもちろんprintf関数などにも使われる記法に準拠していて、今回の例では数字を使いましたが、文字列の場合はdとなっている部分をsに変更するだけです。

最後に


このプレースホルダを知っているだけで、奇妙な文字列連結からも、冗長なstrings.xmlの追記からも救われます。
こういう細かいところをあんまり意識してこなかったですが、多言語対応アプリを開発している時にめんどくささが倍増して押し寄せて来たことで意識できるようになりました。

たまにはいつもと違ったことしてみるのも勉強になりますね。

Tag:Android  Trackback:0 comment:0 

【Swift3.0】現在の年をIntで取得する方法

はじめに


あけましておめでとうございます。
今年は日報的にその日気づいたことをまとめる意味でもなるべく更新していきたいと思います。
案外小さな気付きでも何回も調べたりすることあるので一度人から見られるアウトプットにすることで定着させられるかなと期待します。ただし、雑にならないようになるべく気をつけます。
今日はSwiftで現在の年をIntで取得する方法です。

やり方


PHPで言うところの

これです。



上記の様な一行でできます。fromに日付を指定すればその日付の年を取得することができます、今回は現在の年を取得する方法ですのでNSDate()で現在の日付を指定してます。

Tag:Swift  Trackback:0 comment:0 

【AndroidStudio】外部のaarをプロジェクトに取り込む方法

はじめに


広告配信の会社が提供する広告SDKや特殊なハードウェアとアプリの連携サービスなどを提供している会社のSDKなど、外部にSDKとして仕組みを提供している会社さんは、取り込んでもらいやすいようにaarなどの形式にして用意してくれていることがあります。

とは言ったものの改めてaarを取り込むのどうやるんだっけ?と忘れていたのでメモしていきます。
今回の例ではExternalSDK.aarというaarファイルが手元にあってそれをプロジェクトに取り込むという想定で進めていきたいと思います。

プロジェクトレベルのbuild.gradleを変更




アプリケーションレベルのbuild.gradleではないので気をつけて下さい。

アプリケーションレベルのbuild.gradleを変更




nameでファイルの拡張子以外を、extで拡張子をしています

さいごに


以上で外部のaarをAndroidStudioでプロジェクトに取り込む方法でした

Tag:Android  Trackback:0 comment:0 

【Swift】iOSでテキストの描画サイズを知る

はじめに


テキストが描画される時、その実際の描画サイズを知りたい時があると思います。
例えば画像の上にテキストを重ねて描画する時、その縦横のサイズを元に表示位置を調整するなどの場合です。

実装


早速実験してみます。



この例で言うとsizeWithAttributesメソッドで「システムフォントのボールドで13ptサイズの文字を表示するときのサイズ」を取得することができます。
sizeWithAttributesメソッドにはいろいろな引数を渡すことができるようなのでいろいろ試してみると便利なオプションが使えるかもしれませんね。
テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Tag:Swift  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

6rats

Author:6rats
こんにちは、ITベンチャーで働くエンジニアです
主に自分の周りで起きた技術的なことをメモとして書き残して行きます。
Android以外にもRuby/Ruby on RailsやFuelPHPなどなどたまにやります。基本的なスタンスとしては興味があるもしくは必要になったらいろんなことにチャレンジします。
最近はiOSアプリ開発を始めています。

購読
follow us in feedly
個人プロダクト

Androidアプリ

Twitterクライアント

Webアプリケーション

EcPriceWatch(Amazon価格の推移を計測、最安値を知らせるサービス)
Google AdSense
ブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。